yes, therapy helps!
自己炎の誇り:セルフを取ることは精神障害ではない

自己炎の誇り:セルフを取ることは精神障害ではない

マーチ 24, 2019

注意:

ソーシャルネットワークは最近普及している 虚偽の情報 APAによると、携帯電話で自閉症を患っていることに言及した「自己炎」と呼ばれる障害が含まれていた。あまりにもネットワークに自分自身の良いイメージを見せたいと思っている人がいるのは事実ですが、真実は アメリカ精神医学協会の側では、この疑わしい障害について言及していない .

この問題についての教育を行うために、私たちは非常に注目され論争の対象となった記事「フーラックス」を編集しました。

あなたは考えたことがありますか? あなたのプロフィール写真は何ですか? Facebook、Twitter、Instagram ?あなたのソーシャルネットワークに毎日自分の写真をアップロードするのは何ですか?


通常の人生からアンジェリーナ・ジョリー、ケリー・ブルックス、ラナ・デル・レイ、キム・カルダシアンなどの有名人まで、毎日の写真と日常の自己肖像画をアップロードします。多くの人は、これらの自己肖像画は意味を持たないと思うでしょうが、 アメリカ精神医学会 (英語の略語でよく知られています APA)、2014年にシカゴで開催される年次会議では、セルフ・スティルと呼ばれる精神障害に苦しむ可能性があり、自己肖像を撮るという強迫的な行為は、プライバシの真空。

その研究 自己炎

2013年、Nadav Hochman、Lev Manovich、Jay Chowがソーシャルネットワークから200万枚の写真を分析した Instagramこれは世界の5つの異なる都市で集められました。これらの写真を分析した結果、 23歳から25歳の範囲の女性は、最も自尊心の高い人です 。ブラジルのサンパウロ市で女性が最も笑顔を浮かべ、すべての国の平均が12度を超えない自画像を撮るとき、平均16.9度の頭を上げる女性であるという別の興味深い事実があります。我々が見ることができるように、それは馬鹿げている点まで徹底的に研究したものです。


しかし、これは強制的にこのタイプの自己肖像画を取る男性のかなりの割合があるので、男性がこの障害に苦しむことから免除されていることを意味しません。

心理学者の調査により、自己炎症に関する他の明らかなデータが得られました。たとえば、ソーシャルネットワークを介して人が服用して広がるセルフを増やすほど、ソーシャルネットワーク上の友人との関係がより破壊される傾向があることが分かった。したがって、我々は、 セルフサービスの数十、数十を取ってソーシャルネットワークにアップロードすれば、人気と友情が増えると信じている人は間違っている .

自己炎を持つ人を特定する方法は?

自己炎を患っている人を診断するために、自分がセルフリーを取ることだけが考慮されるだけではありません。自己肖像画が時折取り出されるという事実は病理の徴候ではありません。私たちが自己炎について話すことができるように、自己の量は日中重要でなければなりません。しかし、これらの写真をソーシャルネットワークで共有するという迫害も考慮されます .


Selfitisの人は、Instagram、Twitter、Facebookなどのさまざまなソーシャルネットワークで同じ写真を2回以上共有し、1日に3つ以上の自画像を撮ることができます。写真に多くの社会的反響を与えた人のポーズをコピーするという事実も、その障害の特定であり、セルフリーであれば不安や抑うつを経験することができます。 好きな 期待される。

自己炎の段階

によると APA次の3つの段階または段階のSelfitisがあります:

  • ボーダーライン自己炎 :人は1日に最低3つのセルフを取るが、ソーシャルネットワークで共有することはありません。
  • 急性自己炎 :1日に少なくとも3回、自画像を撮り、それぞれをソーシャルネットワークで共有します。
  • 慢性自己炎症 :1日中にセルフを取ることや、ソーシャルネットワーク上で写真を1日6回以上共有するという、制御不能な衝動を感じているときに発生します。

自尊心に執着するための治療

APAの年次総会では、自己炎のための最良の治療法は、認知行動療法(CBT)を通ると結論づけられました。

私たちに反映させるべき問題

自尊心に執着して観察される根底にある問題は、まさにスマートフォンの熱ではありませんが、 画像の文化 。ティーンエイジャーが時間をかけて写真を撮ってから、ソーシャルネットワークで見せてくれることは、どういうことがわかっていますか?多くの場合、それは貧しい自尊感情と他者が受け入れると感じる必要性を示すかもしれません。

この意味で、自己炎は厳密に精神病理学的ではなく、美学と個人的な関係が自己イメージの中で中心的な役割を果たしている社会の中で勝つ価値観に関係している問題の氷山の先端ですティーンエイジャーの セルフを取っても必ずしも心理的な問題があるわけではない しかし、場合によっては、何かが正しくないという明白な症状である可能性があります。


今なぜタッチフォーヘルスか①内海聡先生との出会い(BU伊豆合宿にて)Touch for Health Kinesiology (マーチ 2019).


関連記事