yes, therapy helps!
統合失調症の進化:症状と予後

統合失調症の進化:症状と予後

1月 18, 2023

統合失調症の進化は、異なる側面を考慮して研究することができる 。例えば、症状の発現、認知的、行動的または感情的な症候の発達および低下に応じて。

同様に、他の精神医学的診断と同様に、これらの症状の進化は多くの変数に依存する。それらのいくつかは、心理的および生物学的感受性、ならびにその人がいる状態または回復モデルである。

次に、精神分裂病の進化を分析した研究、特に認知次元の症状に焦点を当てた研究について簡単に検討します。


  • 関連記事:「統合失調症とは何か?症状と治療法」

統合失調症と予後の進化

「統合失調症」という用語は、 精神医学的分類であり、一般に慢性および重篤な障害と定義される 人々が考え、感じ、行動する方法に影響を与えます。これは精神医学をより代表するが、それほど頻繁ではない精神障害の1つである。

前の定義が説明するように、統合失調症は、感情的なもの(感情の方法)のように、行動次元(行動の方法) もう一つの認知 (考えて)。後者は、実際には、診断の最も代表的な次元の1つです。


これは、統合失調症の診断を受けた多くの人々が、他の人々が認識していないことを聞いたり、見ることができるからです。これらのことは脅威になる可能性がありますが、必ずしもそうではありませ

彼らがどのように提示され、どのように他の人に受け入れられるかによって、認知型兆候の発達と進化は、定期的に活動と日常の相互作用を発達させるための障害となり得る。

上記の 主に発達および個々の臨床歴に依存する また、その人とその家族がアクセスできる治療オプションも含まれます。この理由から、科学界にとって最も関連性の高いトピックの1つは、これらの症状の進化とこれに関連する変数の研究であった。

  • あなたは興味があるかもしれません: "精神病とは何か?原因、症状および治療"

認知兆候はどのように発達していますか?

統合失調症における認知症状の進展に関する30の縦断研究(すなわち、時間の経過に伴う実現者)の概説において、Ojedaらは、 (2007)は、認知が最初から大きく変化していると報告している。


彼らはまた、 徐々に変化しており、特に制度化された患者では 神経変性疾患の認知的変化の程度に達する症例は報告されていない。

最初の精神病エピソードの出現から長年にわたる精神分裂症まで、これらの研究に関するいくつかの詳細が見られます。

1.最初の精神病エピソードでは

最初の精神病のエピソードから、 統合失調症の発症の初期段階からの認知障害 .

しかし、同じ研究では、注意喚起、口頭での流暢さ、精神力、視覚と口頭の記憶を行った後、この赤字は、最初の年に大幅に改善する傾向があります。後者は、最初の12ヶ月間の陽性症状の安定化と関連していた。

障害の最初の2および5年に向けて実施された他の研究では、症状の安定性も報告されている。また、 言語タスクとビジュアルメモリの安定性 、概念的なタスクや注意/集中といった他のものの顕著な改善が含まれる。

しかし、最初の2年間に続いて行った他の研究では、視覚的推論と処理速度が少し改善され、さらにはわずかに悪化することも報告されています。一方、より長い探索は、認知兆候の経過が最初の年に一般的な安定性を示すことを示唆している 後期に向けて徐々に悪化する .

2.長期にわたる精神分裂症

60年代から実現された長い進化またはクロニクルの統合失調症における最初の研究は、言語の次元のわずかな悪化を伴い、一般的なパフォーマンスの安定性を報告していました。後者は、この劣化が統合失調症の原因であったのか、または自然の老化過程によって引き起こされたのか分かっていないので、後に議論された。

一般的に、その後の研究により、統合失調症の進化における認知症状の安定性が確認されるが、場合によっては有意な改善が報告され、他の場合には障害が報告される。後者では、重要な変数の1つが制度化されている 多くの人々が長期滞在入院していた .

実際、この最後の点から、精神分裂病と他の臨床像の進化との差異を知ることへの関心が高まっています。同様に、統合失調症と診断された人々の認知機能の安定性、改善または悪化に関与する変数の科学的分析も増加している。最近の統合失調症は、 認知症の発症 特に入院した老人病患者では、

書誌事項:

  • 国立精神衛生研究所(2015)。統合失調症。 2018年10月11日に取得されました。//www.nimh.nih.gov/health/publications/espanol/la-esquizofrenia/index.shtmlから入手できます。
  • Ojeda、N.、Sánchez、P.、Elizagárate、E.、Yöller、A.B.、Ezcurra、J.、Ramírez、I.およびBallesteros、J.(2007)。精神分裂病における認知症状の進展:文献のレビュー。精神医学におけるスペイン語の行為、35(4):253-270。
関連記事