yes, therapy helps!
企業のアイデンティティ:企業のアイデンティティと組織の定義

企業のアイデンティティ:企業のアイデンティティと組織の定義

1月 1, 2023

ビジネス環境は非常に競争力があります。何千もの企業が絶え間なく生まれ、死んでいる。生き残るための理由や他のものは、初期資本が不十分であること、非常に小規模な予測、または製品自体が競争から際立つことを可能にする付加価値がないことなど、非常に多様であることはありません。 。

企業を存続させるもう1つの側面は、明確な構造と目標を持ち、ターゲットオーディエンスにとって肯定的で魅力的なイメージを投影する、一貫した組織であるということです。そして、 これに不可欠な要件は、企業のアイデンティティを明確にすることです .


  • 関連記事:「仕事と組織の心理学:未来の職業」

企業のアイデンティティは何ですか?

企業のアイデンティティを 会社や会社に個性を与える特性 他の企業と差別化されています。

それは、従業員を全体の一部とし、会社の目的を明確にし、構造と階層を生成するための一連の要素を含んでいるので、一貫した企業を生み出す際に最も重要な要素の1つです組織を明確にする

とりわけ、企業のアイデンティティ 企業のメンバーが活動を実行する枠組みを提供する 決定された行動計画と、制度のあり方と一貫性のある方法で行われます。言い換えれば、会社で何が行われ、どのように行われたのか、それが海外に投影される方法を定義します。


海外で直面している最も関連性の高い側面のもう1つは、実際には他の要因を考慮せずにブランドを特定することが頻繁にあり、クライアントまたはユーザーが識別して認識できる視覚的および物理的要素のセットです。

しかし、このケースでは、企業のアイデンティティの重要な部分ではあるが、完全なものではない視覚的アイデンティティについて話している。企業のアイデンティティの中には、 会社の運営を決定し、組織を構成する .

主な要素

企業のアイデンティティーの概念は比較的簡単に理解できますが、そのアイデンティティを生み出すことは、それを考慮に入れ、要素を大量に生成することを意味します。

具体的には、 コーポレートアイデンティティの一部である主な側面と要素 彼らは以下のとおりです。


1.企業理念

企業理念は、期待されるもの、つまり未来への方向性、そしてそれが世界にどのように関連しているかに関して、企業が現実を見て理解する方法として理解されています。また、 会社が主張している主な価値と長期目標のタイプ 達成しようとする。

  • 多分あなたは興味があります:「10種類の価値観:私たちの生活を支配する原則」

2.企業文化

企業文化とは、企業が今日どのように機能しているかを説明する非実体的要素の集合です。 日常的に存在する活動と価値の信念を導く規範 彼らは会社の文化の主要な要素の一部です。

3.組織の環境

この側面は、企業内に存在する環境の種類を指します。感情的、動機づけ的、そして関係的要素。私たちは文化や会社の管理方法について話しているのではなく、所属感、従業員の関係の種類や関係、会社内での役割についての労働者の認識などについて話しています。

4.作業計画

作業計画は、企業が実行する活動の計画とその実行方法の実現です。含まれるもの 目標、方法、進捗状況を観察する方法、実行するタスク .

5.ビジュアルアイデンティティ

ビジュアルアイデンティティーは、問題のブランドまたは会社を識別できる視覚的および物理的、有形要素のセットを指します。ビジュアルアイデンティティの中には、会社名やブランド名などの要素を見つけることができます。 ロゴとスローガン、色、または施設の組織と装飾まで または従業員の制服。それは多少偶然に見えますが、真実はこの面を慎重に計画しなければならないということです。

6.コミュニケーション戦略

非常に重要な側面は、会社が持つコミュニケーション戦略の種類です。つまり、それがどのようにコミュニケーションをとっているのか、あるいは外部に突き進んでいるのか。この意味で 方法論と通信プロトコルを含める必要があります ブログやウェブページ、パンフレット、記者会見などの利用

7.コーポレートアイデンティティマニュアル

これは、 会社をいくらか差別化させる特徴 :ロゴや視覚的なアイデンティティの使い方に関する施設、目的、操作の兆候。

8.大きな利点

強く明確なコーポレートアイデンティティが存在することは、問題の会社をより理解しやすく統一的にするために、企業イメージ(すなわち、外部的に知覚される方法)をより信頼できるものにするために非常に有用です。 可能なクライアントまたはユーザーがそれに気付くことを容易にする .

外部だけでなく、企業の管理と組織化を促進し、従業員は組織との連携を持ち、生産性を向上させ、生存を促進します。

書誌事項:

  • Aldersey-Williams、H.(1993)。企業アイデンティティParramón、バルセロナ。
  • Mut、M.およびBreva、E.(2003)。企業のアイデンティティーから企業のビジュアルアイデンティティまで、必要な道筋。 Jornades de Foment de laInvestigació。 Jaume I. Universitat

CI(コーポレートアイデンティティ)~JDPアセットマネジメント株式会社の不動産用語紹介 (1月 2023).


関連記事