yes, therapy helps!
Hidroferol(薬):それは何であり、それが何のためであるか

Hidroferol(薬):それは何であり、それが何のためであるか

1月 31, 2023

ビタミンDは人間にとって非常に重要であり、カルシウムの吸収に不可欠であり、神経系、筋骨格系、免疫系などの系に多大な関与があります。

それはまた、私たちのエネルギーレベル、気分、そして精神的健康にも影響を与えます。また、食事や日光など様々な手段で吸収されることがありますが、これらの手段を補うためには、必要に応じてまたは有用であることがあります**ハイドロフェロール

  • 興味があるかもしれません:「クロトリマゾールとは何ですか?健康への影響と影響」

薬剤としてのヒドロフェノール

HydroferolはビタミンDに類似した薬です 実際にその肝臓代謝の産物であるカルシフェジオールを含有する。これは、複数のシステムで大きな効果があり、一般にカルシフェジオールを合成できない、またはビタミンD欠乏症を有する人々に投与される有効な薬物である。


この薬の効果は広範囲です。具体的には、 胃腸のレベルでは、必須成分の吸収を促進する これらの成分が腎臓レベルでどのようにろ過され排泄されるのかを規制することが必要である。骨では、それはコラーゲンの生産能力の増加と異なる成長ホルモンの受容体の生成を引き起こす。

ヒドロフェノールは何のために使われていますか?

ハイドロフェールは体内に特定のタイプのビタミンを導入することを目的としていることを考慮すると、この薬物の主な用途の1つはビタミンD欠乏との戦いです。

さらに、最もよく知られていることのもう一つは、 骨粗鬆症の予防または治療 (カルシフェジオール前駆体を含有する他の薬物もしばしば使用されるが)、それらは骨を強く保ち、劣化を減速または減速させるのに役立つ体内のカルシウムの増加を引き起こす。それは他のいくつかの骨ジストロフィーまたは骨の問題にも使用されます。


一方、ヒドロフェノールが使用されている ビタミンDおよびカルシウム欠乏に関連する腎不全のいくつかの症例では 。同様に、それはくる病の治療にも貢献し、まだ発達期にある子供の奇形の出現を防ぐことができる。抗けいれん剤や抗炎症剤の使用に起因する問題の治療に役立ちます。

これらの側面に加えて 糖尿病の予防に非常に有用です 血糖値を制御し、膵臓から放出されるインスリンのレベルを調節することによって、これは、脂肪や炭水化物がグルコースに変わることを避けることによって行われます。

それはまた、ビタミンDレベルを増加させることによって脳機能のための通常の用量で有益であり、それによりエネルギーを得ることができると考えられている。このことから、疲労、不眠または不安の問題を有する被験者にとっても陽性であり得ることが推測され得る。心血管レベルでは、血圧の制御に寄与することによって利益を生むようにも見える。


  • 興味があるかもしれません: "パラセタモールまたはイブプロフェン?何を取るべきか(用途と相違点)"

副作用とリスク

Hydroferolは非常に一般的で消費される物質ですが、他の医薬品と同様に、副作用を引き起こす可能性があります。 これらはまれな副作用です ビタミンDが類似のヒドロフェールであるため、過度の量を消費する前に、または推奨されるより多くの時間の間に起こる可能性があるということは、生物に蓄積して有害になる可能性があるということです。

このように、副作用は過剰ビタミンDおよび/またはカルシウムに関連しており、最も重要なのは高カルシウム血症または血液中の過剰カルシウムである。この意味で、我々はいくつかの効果が 吐き気の存在、食欲不振、口中の金属味 便秘、心臓不整脈、疲労および疲労、頭痛、骨または筋肉痛または過敏性を含む。

それに加えて、光恐怖症、結膜炎、目のような軟部組織の石灰化、多尿(排尿の必要性の過度の増加)、鼻水、発熱、性的無症候が生じることがあります。コレステロールおよび心拍数が誘発され、膵臓などの器官が腫脹することがあります。場合によっては、精神的な変化が現れる可能性があります。非常に重大な場合 それは腎不全または心停止につながる可能性があります .

したがって、この薬は、制御された方法で大きな利益をもたらし、複数の問題に使用することができますが、いかなる種類の制御もなしには摂取できず、深刻な有害な影響を及ぼす可能性があることを考慮する必要があります。

予防措置

通常、副作用は生じませんが、ヒドロペルオールの使用はすべてのタイプの人々には示されていません。推奨される1日の量を超えないことが重要です。妊娠中または授乳中の方は、この薬を使用するかどうかを決める前に医師に相談しなければならない特別な注意を払う必要があります。それは未成年者に与えることは可能ですが、投与量も少なくなければなりません。

薬物相互作用の可能性を監視する必要がある ビタミンDまたはカルシウムの増加を引き起こすだけでなく、これらの成分の過剰な増加がないように食餌を制御する。

最後に、ハイパービタミン症または高カルシウム血症患者、腎臓結石患者およびカルシフェジオールにアレルギーのある患者では、ヒドロフェロールは禁忌である。

関連記事